福島県いわき市にあります「いわき市総合観光案内所」が、旬のいわき市の四季情報を発信中!いわき市には四季折々の植物がいっぱいです♪リンクフリーですが、コメント欄に一言お願いします。
by kankou-iwaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
いわき市総合観光案内所
TEL/FAX 0246-23-0122
10:00~18:00(年末年始休み)
〒970-8026
福島県いわき市平田町1番地
JRいわき駅コンコース南側自由通路
※パンフレット等の資料請求は直接お電話下さい。

【いわき市内関係リンク集】












リンクの際には上のバナーをご利用下さい。

人気blogランキングへ
↑人気ブログランキングに登録しています。
良かったらワンクリックお願いします^^
以前の記事
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
more...
カテゴリ
全体

紅葉
春の植物
初夏の植物
夏の植物
秋の植物
冬~早春の植物
ニュース
その他
未分類
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・文章を無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
3月5日 常勝院の八房の梅
午後から雨の予報のせいか、どんよりした天気のいわきです。
お出かけの際には傘を忘れずに外出して下さいね。

今日は平中平窪にある常勝院八房の梅をご紹介します!
例年ですと春彼岸に見頃を迎えるのですが、今年はここ数日の春の陽気に誘われてふわふわと開花し、現在は3分咲きです。
f0105342_10542880.jpgf0105342_10544469.jpg

この梅は樹齢300年以上でしたが、残念ながら平成15年に枯れてしまいました。
前年に接ぎ木をし、現在は2代目の梅の木です。
f0105342_1055998.jpgf0105342_10553016.jpg

江戸時代には磐城平藩主・内藤義概が梅を見ようと度々訪れたそうです。
また、俳人・内藤露沾の句碑が八房の梅のそばに建立され、「むめの香は乾山焼の幾代とも」と詠んでいます。意味は「むめは梅のことを差し、時代を経ても気品を失うことのない立派な焼き物のように、幾世を経ても変わることなくよい香りを放っている」という内容で、香りがあたり一面にただよい、磐城平城まで香ったといわれております。

こちらの客殿には素晴らしい天井画が描かれております!
材質にラオスヒノキを使い、縦3.6メートル、横6.3メートルのスケールに描かれた迦陵頻伽は今にも優雅に動き出しそうなほどです。
f0105342_105623.jpgf0105342_10561765.jpg


さらに!敷地内には梅の他に河津桜が咲き始めておりますよ♪
f0105342_10563524.jpgf0105342_10564857.jpg

梅と桜が競演する常勝院の近くには「夏井川ハクチョウの里」もあり、帰行する白鳥の姿も眺めることが出来ますので、ぜひお出かけ下さいませ。

常勝院
 いわき市平中平窪字岩間61
 TEL0246-23-3858

 3月5日 常勝院の八房の梅





詳しくは下記までお問い合わせください。
  (社)いわき市観光物産協会 TEL 0246-27-2871
 いわき市総合観光案内所 TEL 0246-23-0122
また、ATIいわきエリアでも、随時市内の観光情報を発信中です。
 エリアツーリストインフォメーション いわきエリア
[PR]
by kankou-iwaki | 2007-03-05 10:59 | 冬~早春の植物
<< 3月9日 専称寺&梅林寺の梅 3月3日 阿弥陀堂入口のヒガンザクラ >>